8才でついに虫歯が出来てしまった!

8才でついに虫歯が出来てしまった!

高熱などの病気の時に、かわいそうだからと歯磨きをお休みしてしまい、それ機に子どもが歯磨きをさぼりがち、もしくは手を抜く状況を作り出してしまった気がします。

 

学校の健康診断の結果が届き、「遂に虫歯が出来てしまったのか」と正直ショックでした。

 

親の責任ですから。

 

それと同時に、痛まなければ歯医者さんに行かなくてもいいかなという考えも湧いてきました。

 

学校からのお手紙が、逆にプレッシャーとなっていたと思います。

 

子どもは痛くもないのに歯医者に行きたがる訳もなく、むしろお友達の話を聞いて来て「絶対に行かない」と涙目で抗議してくるし、本当に困ってしまいました。

 

行かなくちゃと、行かなくてもいいかの狭間で、胃が痛くなりました。

 

 

しばらく悩んでいたある日、テレビ番組で「子どもの虫歯は歯磨きの時に削れてしまうことがある。

 

治療の時に虫歯を触った器具で他の歯を触ると、虫歯ではない歯を虫歯にしてしまう場合がある。」というお話を観ました。

 

悩んでいた我が家には絶好の言い訳で、歯磨きに力を入れることにしました。

 

口に含むと歯垢が赤くなる液体歯磨きを購入し、朝晩子どもの歯磨きをチェックして、歯の磨き方を徹底的に教え込みました。

 

強制的な感じを与えると嫌がるので、まずは子ども用の練り歯磨きで自分で磨かせて、液体歯磨きで親が仕上げ磨きをしました。

 

時間は掛かりますが、じきに子どもも慣れてきて、自分でもみがけるようになりました。

 

歯ブラシも一緒に選び、お気に入りに歯ブラシで毎日磨いていたら、完全に治った訳ではありませんが、テレビ番組で観たように虫歯は見た目小さくなっていました。

 

あれから10年、今ではすっかり歯磨きマニアのようになりました。